実録 水漏れマンション殺人事件

ある朝、突然、天井から水が降って来た。原因はなんと殺人事件! 水漏れ、殺人、精神障害者、裁判‥‥てんこ盛りの〈マンション被害〉と闘う中で見えてきたゾ、ヘンテコリンな日本の真相。

Special Review 第1章を特別公開! 

『実録 水漏れマンション殺人事件』(新潮社/1,296円)

第1章特別公開スペシャル・レビュー!  表紙&四コマ漫画まんしゅうきつこ

これは、〈本当にあった話〉です。いや、ほんとに。  

    f:id:RyokoHisakawa:20170517080811j:plain

  【読者の声】 

 日本の裁判や法律のヘンテコさがリアルな登場人物の大活躍のおかげでよ~く分かります。唖然あり、絶望あり、理不尽あり、嗚咽あり、人情あり、の痛快殺人法曹バラエティ、ここに誕生! (「読書メーター」より)。

 【書評・「週刊朝日」2017年4月28日号】

 著者の直面する理不尽な状況にハラハラドキドキさせられた。(略)著者ならずとも表紙にある「ムンクの叫び」に似た漫画の心境に陥る。しかし、本当の災難は殺人犯を相手にした損害賠償裁判だった。推理小説などの比ではない、ホラーなノンフィクションだ。

【書評・「波」2017年2月号/鎌田敏夫さん】

「え、こんなことが⁉︎」と、思う。その後で、「いや、都会に住んでいると自分の身にも起こることかもしれない」と、思い直す。(略)ぼくは脚本を書くことを生業としているから、つい不謹慎なことを考えてしまうのだが、適役とも言える管理会社や不動産屋、保険会社、そして、事件を起こした側の国選弁護人たちのキャラクターもよく描かれていて(国選弁護人が顔を合わせたら若い女性だったなんてのも意外性がある)、よくできたドラマのような読み方をしてしまう。難問を抱えたヒロインを助けてくれる友人たちのキャラも繊細で力強く、事件はますます佳境に入っていく。

*「週刊文春」「週刊SPA!」「週刊女性自身」他でも続々書評。

  『実録 水漏れマンション殺人事件』、その内容は‥‥。

 第1章の以下をクリックすると本文を読めます(↓)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【もくじ】

第1章「もしもし、お宅のマンションが水漏れしているもんで」

すべては、一本の電話から始まった水漏れの引き金は殺人事件なぜ、『めでたい苗字』は自転車 を拭き続けるのか?上階で何が起きたのか?明けて翌日、水漏れは止まらず私の損害保険は有効か?マンションは今日も雨だったとってもエラい警察の対応失火元が損害賠償しなくていい国〈開かずの間〉開いた!

                f:id:RyokoHisakawa:20170515134055p:plain

第2章 迷走する殺人マンション

容疑者の妻に面会『グレー不動産の紳士』からの通達『FXの女王』参上見積りと腰砕けマ ンションの共有保険塵を払い、垢を拭う賃借人の引越しと要求国選弁護人に」と家族は言い マンション管理組合の無関心号泣する準備はできていなかった「白髪、増えたな」きれいは汚い、 汚いはきれい?ホンジャマカ氏の正体

 

第3章 救世主は保険会社と弁護士

損保会社に書類提出弁護士に依頼世間のからくり容疑者は鑑定留置アメリカ行きの機中にて弁護士の探し方とお金の話

                 f:id:RyokoHisakawa:20170515134055p:plain

第4章 〈訳ありマンション〉の資産価値

容疑者の国選弁護人、現る損害鑑定人、来たる『建築家』登場す鑑定人、再び来たる損害保険、金九四〇万円也K弁護士も来たる大手不動産が査定した〈水漏れ部屋〉の値段売値が一 気に一五〇万円アップ風変わりな商売、〈訳あり物件〉買取業者訳あり専門が査定した〈水漏れ 部屋〉の値段売値は九三〇万円被害請求額を概算してみた売って一から出直そうさらば、マンション!

 

第5章 裁判ニッポン狂騒曲

容疑者の鑑定結果と審判師走の惨事加害者の事情提訴原告になった私だんだんわからな くなってきました〜提出された刑事記録秋になっても責任論初めての法廷体験アメリカンな 夫に理解できない日本の裁判ほんにお前は亀のような悪いことをしたらあやまってくれこんな 裁判、もー嫌!尋問の朝『建築家』の堂々たる証言法廷の涙弁護士の使命判決控訴、 どうする?

                  f:id:RyokoHisakawa:20170515134055p:plain

第6章 水漏れて地は固まるか

災難に逢ふ時節には災難に逢ふがよく候この裁判、アメリカならどうなっていたか?最長級の絶句

 

 

 こちらで発売中!

f:id:RyokoHisakawa:20170512205032p:plain f:id:RyokoHisakawa:20170512211933p:plainf:id:RyokoHisakawa:20170512211955p:plainf:id:RyokoHisakawa:20170515051312p:plainf:id:RyokoHisakawa:20170515051319p:plainf:id:RyokoHisakawa:20170515051324p:plainf:id:RyokoHisakawa:20170512212110p:plainf:id:RyokoHisakawa:20170512212118p:plainf:id:RyokoHisakawa:20170512212135p:plain